本文へ移動

たまプラーザ地域ケアプラザの最新の情報をお伝えします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「第6回 理学療法士と学ぶロコモ予防講座~サルコペニアをご存知ですか~」を開催しました。

2018-11-16
 「ロコモ」とは運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことで正式には「ロコモティブシンドローム」といい、進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。
 たまプラーザ地域ケアプラザでは、今年度、そんなロコモ予防の為の自主事業として、全8回で「理学療法士と学ぶロコモ予防講座」を開催しております。
 今回はその第6回目。横浜総合病院の引間万貴理学療法士を講師に招いて「サルコペニアをご存知ですか」をテーマに開催しました。サルコペニアとは、加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の筋力低下が起こることをいいます。
 参加された方は、引間理学療法士の講義に真剣に耳を傾け、後半は個別指導付きの実技を受けました。毎日のちょっとした運動習慣や健康意識が介護予防の第一歩です。
 次回は「心臓の病気とリハビリテーション」をテーマに平成31年1月18日に開催予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。
 

「ボランティア掲示板」できました。

2018-11-09
お待たせしました!
ようやくボランティア掲示板がリニューアルしました。場所は、ボランティアルーム横の壁面です。
 
・当ケアプラザ貸館登録団体の皆様からいただいた「やりますカード」を主とした【こんなボランティアできます】コーナー
・ボランティア活動してくれる方を探している「お願いしますカード」を主とした【こんなことお願いできたらうれしいな」コーナー
・当ケアプラザより、事業等でお手伝いくださる方を募る【ケアプラザ内ボランティア募集中】コーナー
 
以上、3つのコーナーがあります。
お気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。
 

健康フェスティバル2018

2018-11-03

 本日は、青葉区合同庁舎を中心に、「青葉区民祭り」が開催されました。

 そして、その区民祭りと同時開催ということで、青葉スポーツセンターでは「健康フェスティバル2018」が開催され、たまプラーザ地域ケアプラザも、区内の他地域ケアプラザ、青葉区役所と一緒に「地域ケアプラザブース」で地域ケアプラザのPRをしてまいりました。 

 「健康長寿のまち青葉」をテーマに開催された同イベントは、他にも青葉区医師会や青葉区薬剤師会、青葉区保健活動等々、区内の医療や健康に関わる多くの団体が様々な内容で参加しました。 

 多くの方にお越しいただきありがとうございました。 

 この機会に地域ケアプラザをお知りになった方は、ぜひ一度、お住いのエリアの地域ケアプラザでお立ち寄りください。

 

平成30年自然災害復興支援チャリティーコンサート~ヴァイオリン&ピアノの調べ~

2018-10-28
 本日、たまプラーザ地域ケアプラザにて、ヴァイオリスト倉田りのさんとピアニスト中川さおりさんを招いてのチャリティーコンサートを開催しました。
 秋晴れに恵まれ、50名近くの方にご来場いただきました。
 美しく、優雅なヴァイオリンとピアノの調べに、お越しいただいた皆さんが心を潤わせていました。
 コンサートの途中では、絵本の朗読や、手作り楽器を作るワークショップも実施。後半は、その手作りの楽器で、みんなで一緒に音楽を奏でました。
 当コンサートで集められたご寄付は、西日本豪雨や北海道胆振東部地震で被害に遭われた方にお届けいたします。たくさんのご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 

「おやこでリトミック」と「音楽で脳トレ」

2018-10-27
今週水曜日(10/24)は、いつも明るく素敵な笑顔の澁谷先生による「おやこでリトミック」と「音楽で脳トレ」が開催されました。
午前中は大人気でいつもすぐに定員に達してしまう「おやこでリトミック」。小さいお子さんとママが親子で一緒にリズムや歌・音楽を楽しむだけではなく、リトミックとは本来こどものための豊かで可能性あふれる人格形成を行うものですとのお話も先生からうかがいました。
そして午後はシニアのための「音楽で脳トレ」。こちらは、‟音楽の力”を使って集中力や判断力・行動力を、楽しみながら回復させるという脳育的活動です。文字にすると難しそうですが、音楽に合わせて声を出し、身体を動かしと楽しみながら脳を刺激!皆さん真剣に、でも笑い合いながら楽しんで参加されていました。
社会福祉法人緑成会
〒225-0025
神奈川県横浜市青葉区鉄町2075番地3

緑の郷
美しが丘地域ケアプラザ
たまプラーザ地域ケアプラザ
かやの樹
新緑の郷
桃の実

2
1
0
9
3
0
TOPへ戻る