地域ケアプラザの概要

地域ケアプラザの概要

誰もが住み慣れたまちで、安心して暮らせる地域を作っていくための拠点として、地域の福祉保健活動を支援し、福祉・保健サービスなどを身近な場所で総合的に提供する施設です。

美しが丘地域ケアプラザについて

横浜市美しが丘地域ケアプラザは、平成13年11月1日に閑静な住宅街の中に設置された青葉区で5館目の地域ケアプラザです。横浜市の指定管理制度に基づき社会福祉法人 緑成会 が第3期(平成28年4月1日~平成33年3月31日)の指定を受け、運営管理しています。
 
<事業内容>
1.地域活動(ボランティア等)の支援 および 自主事業
2.福祉に関する相談・助言・調整(地域包括支援センター)
3.介護予防支援・居宅介護支援
4.通所介護・介護予防通所介護(デイサービス)
  
<基本方針>
・地域の方々が住み慣れた街で生活を送ることができるよう支援します。
・地域の方々の取り組みを推進し、協働していきます。
・地域の方々の交流やネットワークが広がるよう支援します。
・ケアプラザの機能を十分発揮し、地域に還元します。
  
◆住所:〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘4丁目32番7号
◆電話:045-901-6665(代表) FAX:045-901-6718  

美しが丘地域ケアプラザ 各部署

【地域活動交流事業】
自分らしく安心して暮らしていくために、赤ちゃんからお年寄りまで、地域に即した事業を展開しています。さまざまな情報をお知らせして、生きがい作り・仲間作り・健康維持の支援をしています。
<サービス内容>
・高齢者の介護予防、こども・子育て支援など、福祉に関するさまざまな事業を開催しています。
・様々なボランティアグループの地域福祉保健活動を支援しています。
・地域のみなさまの活動・交流の拠点として、ケアプラザの部屋のお貸し出し、管理をしています。

【地域包括支援センター】
地域包括支援センターは、横浜市から委託を受けた公的の総合相談窓口です。
社会福祉士・看護師・主任ケアマネジャーの3職種が、担当地域において、地域住民が住み慣れた地域で安心した生活を続けていくことができるよう支援していきます。お気軽にご相談ください。
<サービス内容> 
・総合相談:福祉、保健、介護などの相談を受け付けています。
・介護予防事業:介護予防ケアプランの作成などを行っています。
・包括的・継続的マネジメント事業:地域ネットワークの構築やケアマネジャー支援などを行っています。
・講座や啓発活動:介護予防教室の開催や認知症・成年後見をテーマとした講座の企画などを行っています。
 <担当地区>
・美しが丘四丁目
・すすき野三丁目5番地
・美しが丘西
・荏子田一丁目〜三丁目(一丁目4・16、三丁目1〜14・26〜28除く)
・元石川町(3714〜4341・5148・5151除く)
 
【介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)】
団塊の世代が75歳以上となる2025年度に向けて、地域の実情に合わせた地域包括ケアシステムを構築していきます。地域包括ケアシステムとは、医療、介護サービスを受けながら、住み慣れた地域で最期まで暮らせるようにする態勢のことを言います。その一環として、地域ケアプラザ等に生活支援コーディネーターが配置されました。

【居宅介護支援事業】
ご自宅で生活を続けていく上で利用する介護保険サービスに関する総合的な窓口です。
介護支援専門員(ケアマネジャー)がご利用者様の居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービス提供機関との連絡調整、要介護認定申請代行(更新、区分変更)を行います。
 <サービス内容>
・担当地域:横浜市青葉区
・提供時間:月〜金午前9:00〜午後5:00 祝日は営業 休業は土・日と年末年始(12月29日〜1月3日)
・ご利用料金:ご利用者様のご負担はありません(介護保険から全額支給されます)
・ご利用できる方:要介護1〜5の介護認定を受けられた方
 ※要介護認定を受けられていない方は、地域包括支援センターへご相談ください。

【通所介護(デイサービス)】
通所介護のページをご覧ください。 
 

美しが丘地域ケアプラザの取り組み

●全職員による委員会活動
 当ケアプラザでは、下記の委員会組織を形成し、環境整備等に努めております。
 ・安全管理委員会
 ・エコ・環境整備委員会
 ・給食委員会
 ・研修委員会(法人全体)
 ・ケアプラザ祭実行委員会
 
●エコ活動
 当ケアプラザでは、下記の回収BOXを設置して、エコ活動に取り組んでおります。
 ・ペットボトルキャップ
 ・使用済プリンターインクカートリッジ
 ・使用済切手
 ・ベルマーク
 回収させていただいたものについては、処理業者等へ提供してリサイクル・エコ活動につなげております。