本文へ移動

たまプラーザ地域ケアプラザの最新の情報をお伝えします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

カーネーション

2020-05-08
もうすぐ5月の第二日曜日、「母の日」ですね。
最近では定番の赤と白の他に、オレンジ、紫、緑、二色…など毎年のように新しい色のカーネーションが作られていて、見ていて楽しくなります。
ということで、今日は折り紙のカーネーションをご紹介します。
折り紙だと好きな色、好きな大きさで、好きな数のお花で花束ができますね。
色とりどりでお家の中を明るくしてみませんか。
(折り図は下記よりダウンロードできます)
カーネーションの折り方
  • (2020-05-08・232KB)

おさんぽビンゴ!

2020-05-07
子育て中の方へ~「ピッピおやこの広場はっぴぃ」のご紹介
昨夜の雷雨が嘘ののようにきれいな青空が広がっています。
こんな日は外で青空を見上げながら、思いっきり手を延ばすととても気持ちいいですね。
さて、本日は新石川にある親と子のひろば「はっぴぃ」さんより、お散歩しながら楽しめるゲーム“おさんぽビンゴあそび”のご招待状をいただきました。
親子でお散歩しながらはもちろん、大人の一人お散歩でも楽しめる素敵な“おさんぽビンゴあそび”、是非挑戦してみてください。(下記よりダウンロードできます)
おさんぽビンゴあそびの招待状

~はっぴぃさんよりメッセージ~

今、もしかしたら不安になっている妊婦さんや、赤ちゃんを迎えられたばかりの方、
子育て中の方もいるかもしれません。
この未曾有の事態の中で、頑張って子育てされている皆さん、こんなときはどうすればいいんだろう、誰かと話したいなと思ったときは、広場にお電話くださいね。初めての方でも大歓迎です。

子どもたちが成長するのと同じように、お母さん、お父さんも、日々たくましくなる。はっぴぃは、そんな皆さんとの出会いの場です。

はっぴぃが今までどおり、地域で子育てをしている方たちの力を引き出せる場所になるようにつながり、助け合うお手伝いができたらと願ってやみません。

ソーシャルディスタンスはあっても、みんなのつながりで、この困難を乗り越えていけますように。

くれぐれも体に気をつけてお過ごしください。

「ピッピおやこの広場はっぴぃ」

新石川2-14-2 サバスタマプラーザ101

tel&Fax 045-532-6021

うたを歌う会「たんぽぽ」

2020-05-06
今日は5月6日水曜日、本来ならば、ソプラノの正地伸子さんとピアノ伴奏の半澤尚子さんによる当ケアプラザで人気の事業「うたを歌う会 たんぽぽ」開催日です。
楽しみにされていた方も大勢いらっしゃったと思います。大変残念ですが、そんな中、ソプラノの正地さんよりメッセージをいただきましたので、ご紹介します。
 
「うたを歌う会«たんぽぽ»は、2010年6月30日に美しが丘地域ケアプラザにて産声を上げ、2013年駅ビルにたまプラーザ地域ケアプラザがオープンし、場所を移して現在に至っています。歌集には春夏秋冬と子どもの歌の5つの分野があり、その中から当日参加の方々がその場でリクエストをして、一緒に約2時間歌う会です。
思い返せば、私自身もこの会と共に成長してきたように感じます。一期一会のお客様からのリクエストに応えられるよう歌集の総ての曲をさらい、アンケートに書かれたリクエスト曲を捜して暗譜することが、どれだけ身になってきたことでしょう。
優しく技術力のあるピアニストに支えられて歌いまくることは、私自身が一番やりたかったことに相違ありません。
【明日がある】を歌いながら、コロナが一日も早く収束することを願っています。
正地伸子」

 

こどもの日

2020-05-05
こいのぼりの折り方~その2
暑い日差しの中、目に眩しい新緑にそよ風…GWらしい気持ちの良い季節。
室内の窓からぼんやりと飛行機や鳥が飛んでいる空を見上げながら、最近はあまり「こいのぼり」が空を泳ぐ風景にお目にかかっていないなぁと思いました。
今日はこどもの日、家の中に閉じこもり中だからこそ、青空を気持ちよくに吹かれて泳ぐこいのぼりが恋しく思うのかもしれませんね。
先日ご紹介した簡単なこいのぼりの折り方に続き、もう少しだけ手の込んだこいのぼりの折り方をご紹介します。
5月の声を聞いて、親と子のひろば「ぶ~ぶ~しえすた」さんが、そぉ~っと金太郎とこいのぼりを届けてくださいました。
なしかちゃんが大喜びで持っています。
(折り図は下記よりダウンロードしてください)
こいのぼりの折り方~その2

またまた、マスクカバー

2020-05-04
ハンカチ1枚で簡単マスクカバー
さて、先日ご紹介したマスクカバー、「いくら簡単でも縫うのはちょっと…」とお思いになる方へ、もっと簡単なマスクカバーのご紹介!
なんと、用意するものは、大判ハンカチ1枚だけです。
 
 ①半分に折る
 ②横長に置いて、両端を同じくらい折り、折山と折山を合わせて半分の幅にする(この時、マスクの幅より少し多めになるよう両端の折る量を調整する)
 ③縦長の状態のまま、真ん中にマスクを置き、下と上をマスクの幅に合わせて折る
 ④下の袋状の部分に上の部分を折り入れる
 ⑤境目に折りたたんだティッシュ等(ガーゼやキッチンペーパーも可)の端を挟み、マスクの高さの内側に納まるよう手前に折る
 ⑥出来上がり!(※写真付きの作り方は下記よりダウンロード)
 
ポケットティッシュは持ち歩いていることが多いので、小まめに取り換えることもでき、女性の場合は布にメイクが付かないのでありがたいです。
 
実はもっとすごいマスクカバーが…!
ちょっと勇気が出なくて試作しておりませんが、どなたか挑戦してみては?
用意するものは…靴下!
踵から上の部分を切り、輪(筒状)の中にマスクを入れるだけで完成!
両端は少し折って縫いたくなるところですが、ご自宅に靴下が余って困っている方は是非挑戦してみてください⁉
 
簡単マスクカバー
社会福祉法人緑成会
〒225-0025
神奈川県横浜市青葉区鉄町2075番地3

緑の郷
美しが丘地域ケアプラザ
たまプラーザ地域ケアプラザ
かやの樹
新緑の郷
桃の実

2
8
7
4
0
1
TOPへ戻る